収入証明書が必要になるケースって?

融資の際は、本人確認書類だけではなく、源泉徴収書などの「収入証明書」が審査の要件になることもあり得ます。

※収入証明書の種類
源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、納税証明書、のいずれか一点、が一般的です。

とはいっても、

「できれば収入証明書を出したくない」

融資を受ける人の中には、こう考える人も多いのではないか思います。

では収入証明書が必要な時とそうでないときは、どんな違いがあるのでしょうか。

収入証明書が必要な融資

 

①一定額以上の借り入れ

②銀行系の金利が安いもの

審査がゆるめとされている消費者金融系のローンであっても、一定額以上の融資の審査では、収入証明書の提出を求められます。

一部の例外を除いて、30万以上~100万円以上、の基準で線引きされているみたいです。

 

見落とされがちなのですが、消費者金融系のローンであっても、他社からの借り入れも含めた合計額が一定以上の金額になるときには、収入証明書が必要になります。

おまとめローンの場合、他社からも借り入れているわけですから、基本的に提出することになるでしょう。

 

また、銀行系のローンは額にかかわらず提出を求められることがあります。

金利が安いほど、安定した収入を要求されます。

貸す側としては、審査を厳しくする代わりに金利を下げて、確実に返してくれそうな人を呼び込みたい、という思惑が働いています。

収入証明書が必要でない場合

ずばり、上で説明した以外のケースです。

とはいえ一番確実なのは、やはりご自身で金融会社に確認してみることです。

余計な手間を省くために、電話やWebにて問い合わせてみましょう。

銀行系カードローンでも、300万円以下の借り入れなら、収入証明書不要、を押している人気の低金利おまとめローンもあります。

収入証明が出せそうにもないときは

収入証明書が出せなくて困っている方は、おまとめではないですが消費者金融系の小額ローンも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す