自宅や職場への電話確認って何?できれば避けたい電話確認

 電話確認の目的

金融機関側からすると、収入がないのにもかかわらず貸してしまうわけにはいきません。
カードローンなど、本人と直接やりとりせずお金を融資する際は、本人確認の手段として、職場や自宅に電話がかかってくることがあります。
借りる側からすると、お金を借りていることは誰にも知られたくないですよね。当たり前ですが、家族や親戚、同僚、上司ならなおさらです。

ただ、金融機関もそこらへんは気を使っているらしく「先日融資の申し込みをされたOO様はいらっしゃいますか」のような余計なことを電話で口走ったりしません。きちんとマニュアルを作っているらしいので、安心してください。また、消費者金融は自社の名前を出さないようにしているみたいです。

おまとめローンでは電話確認は避けにくい?

電話確認は個人の返済能力の確認をするのが目的です。

省略されるケースでは、

  • 融資額が少ない
  • 収入が安定している
  • 完済したことがある等、安心して融資できる

の条件をいくつか満たしていることが多いのです。

債務を一本化すると、どうしても金額が大きくなりがちですので一つ目の基準は満たせない場合が多いのですが、

もしあなたの返済能力の評価が高いなら、電話確認がされないこともありえます。

電話確認をどうしても避けたいなら

電話確認がどうしてもいやなら、以下の2つの方法もあります。

①交渉する

申し込みの段階で「電話確認がかかってくると困るので、代わりに書類の提出でなんとかして欲しい」と伝えてみるのも手です。そこで代わりに提出する書類について交渉しましょう。

向こうも商売ですので、融資額が大きいおまとめローンなら、きちんと払える人には貸したいのも本音だと思われます。あなたの返済能力や信用に問題がなければ、交渉だけでもしてみる価値はあります。

電話確認は審査の手順の1つなので、事前に伝えておきましょう。でないと審査途中で電話がかかってくる可能性が高いです。

②Web完結ローン

実は金融機関によっては、Webで完結するおまとめローンもあります。源泉徴収票といった、収入と勤務先が確認できる書類を提出して、電話確認の代わりとしているようです。

こちらを検討するのも良いかもしれません。

コメントを残す