お金を借りているのは内緒にしたい。在籍確認の対処法

金融機関から融資を受ける際、審査の一環として、勤務先に電話がかかってくることがあります。申し込みの内容と間違いなく、会社に在籍してお給料をもらっているかを確認するためです。

お金を借りていてローンのおまとめをしたいこちらとしては「会社にばれるんじゃないか」と思って、ハラハラしてしまいます。余計なストレスは抱えたくないものです。

しかしきちんと対策すれば在籍確認は怖くありません。

言い訳を考える

金融会社の方もこちらの心情はわかっているみたいで、ローンの貸付が有名な銀行や消費者金融は個人名で電話をかけたりします。もちろんどんな会社でも、融資の申し込みの話なんて出したりしません。

もしそれでも気になるようでしたら、適当な理由を考えておきましょう。たとえば「保険に加入したいので、勤務先に確認したみたいです」「車を買おうと思っていて、ローンの相談してました」とか。もっともらしいことはいくらでも言えます。

ただあまり言い訳がましかったり、よそよそしくするのはやめたほうがいいと思います。何か隠してるな、と余計な詮索をされかねません。

Web完結の申し込みにする

金融会社によっては、Web完結で申し込みと審査が終わるものもあります。どうしても家族や会社に電話があるのは避けたいのでしたら、こちらをおすすめします。

ただ銀行系の低金利のローンは審査をきっちりやります。また審査期間を短縮しようと思ったら窓口審査のときに会社に確認してもらうのがベストです。そういうときは電話が入ってしまうのはある意味仕方ないことかもしれないです。

担当者にお願いする

審査のときに「きちんと勤務先の証拠になるものを出すので、会社には電話しないでください」と伝えておくのも手です。その場合、源泉徴収書や保険証などを要求されることがあるので、そこは頭に入れておきましょう。

在籍確認で審査落ちするケース

在籍確認で覚えておいて欲しいことがあります。

もしあなたが派遣社員やアルバイト勤務だとしたら、必ず職場の連絡先を伝えておきましょう。

でないと、本社の人事課に電話が入り「OOという社員は在籍しておりません」と返されてしまいます。きちんと勤めているのに確認がとれないのでアウト、となってしまうケースもあるようです。